読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

絶景 ナミブ砂漠とソススフレイ アフリカ旅行26日目@ナミビア セスリムーナミビア リューデリッツ

2月8日 ナミビア セスリムーナミビア リューデリッツ

 

日の出を見るために5:00に出発し、ビューポイントに向かいました。

 

f:id:sukesan1104:20170212174615j:image

 

ビューポイントは砂丘の上にあり、砂丘を登る必要があります。朝方の砂は冷えていて気持ちよいのですが、道がとても険しく、砂が柔らかいので登るのに苦戦しました。そして砂丘を登ること30分、ビューポイントに到着しました。

 

そしてとうとうご来光。

 

f:id:sukesan1104:20170212174817j:image

 

ナミブ砂漠は日が出るとオレンジ色になります。

 

f:id:sukesan1104:20170212175007j:image

 

 (ズボンの前と後ろが逆です)

 

砂漠の写真を撮ることに夢中になる中国人。(10分くらいずっと撮影してた)

 

 f:id:sukesan1104:20170212175317j:image

 

 

日の出を見てからソススフレイというナミビア観光の目玉に向かいました。

 

f:id:sukesan1104:20170212180316j:image

 

ソススフレイにはデッドフレイという枯木があり、砂漠のオレンジ、空の青、枯木の黒のコントラストが綺麗な場所です。

 

f:id:sukesan1104:20170212180250j:image

 

以前は沼地だったのですが、沼地が干からび、また木の成分を分解するバクテリアも生きられない環境であるため900年程この状態を保てているそうです。

 

f:id:sukesan1104:20170212180229j:image

 

 

 

ソススフレイの観光を終え、この後リューデリッツという街に向かいました。

 

f:id:sukesan1104:20170212180417p:image

 

リューデリッツに向かう道中の空が綺麗でした。

 

f:id:sukesan1104:20170212180503j:image

 

野生の動物にも会えます。

 

f:id:sukesan1104:20170212180536j:image

 

リューデリッツは港町で、とても住みやすそうな場所でした。

 

f:id:sukesan1104:20170212180723j:image

 

静かな街で雰囲気も良かったです。

 

f:id:sukesan1104:20170212180800j:image 

 

しかしこの街に来た目的は「カキを食べること」だったので、その晩カキをいただきました。

 

f:id:sukesan1104:20170212180914j:image

 

生ガキ

 

f:id:sukesan1104:20170212180934j:image

 

カキのチーズ乗せ

 

リューデリッツは海沿いで安価で新鮮なカキが豊富に取れることで有名なのです。

 

新鮮なカキはやっぱりおいしかった!

 

リューデリッツではこのホテルに泊まりました。ファミリールーム一泊170ナミビアドル(1443円)でした。僕たちは5人グループで、なおかつ到着が遅れたのでここしか空いていませんでした。

 

f:id:sukesan1104:20170212181101j:image

 

ホテルも清潔な感じでした。

 

f:id:sukesan1104:20170212181414j:image