読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

ドイツタウン ウィントフック アフリカ旅行22日目@ボツワナ マウンーナミビア ウィントフック

2月4日 ナミビア ウィントフック

 

前日の大移動でアフリカで最も楽しみにしていた街ナミビアのウィントフックに到着しました。楽しみにしていた理由としては、ナミビアは旧ドイツ植民地であったためドイツ人やドイツ語話者が多いからです。

 

f:id:sukesan1104:20170211203140j:image

 

昨日の深夜にウィントフックに到着したため、街の雰囲気を感じずにホステルに直行してしまったのですが、朝起きてみるとウィントフックの街の発展に驚きました。

 

f:id:sukesan1104:20170211202447j:image

 

今まで旅行したアフリカの国々の中で最もヨーロッパっぽい造りで、なおかつインフラ整備が進んでいました。

 

f:id:sukesan1104:20170211202553j:image

 

街中に隕石の展示がありました。

 

f:id:sukesan1104:20170211202529j:image

 

街の人も基本的に英語を話すことができ、ドイツ語を話すことができる人もちらほらと見受けられました。

 

街の中心部は栄えていたのですが、中心部を少し離れるとまだ開発途中な感じでしたが、とても心奪われる街です。

 

スーパーでカキが売ってました。

 

f:id:sukesan1104:20170211202714j:image

 

ウィントフックの駅です。

 

f:id:sukesan1104:20170211202746j:image

 

宿泊した宿は朝食付きでとても綺麗でした。

 

Cardboard box backpackers テント一泊110ナミビアドル(922円)

 

f:id:sukesan1104:20170211202805j:image

 

f:id:sukesan1104:20170211202840j:image

 

Chameleon backpackers テント一泊110ナミビアドル(922円)

 

f:id:sukesan1104:20170211202932j:image

 

f:id:sukesan1104:20170211202943j:image

 

ナミビア観光ファイルがありました。かなりの情報量でした。

 

f:id:sukesan1104:20170211203233j:image

 

この日はどのようにナミビアを散策するか交通機関を訪ね情報収集していました。

 

大抵ナミビアの観光はレンタカーを借りるかタクシーをチャーターして観光するかのいづれかなのですが、今回既にレンタカーを借りて観光を始めていた日本人グループとウィントフックの隣町スワコップムントで合流し一緒に観光させていただくことになりました。

 

P.S. ナミビアではナミビアの通貨、ナミビアドルだけでなく南アフリカの通貨、南アフリカランドも使えました。