読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

世界三大瀑布ヴィクトリアの滝 アフリカ旅行18日目@ザンビア リビングストンーボツワナ カサネ

1月31日 ザンビア リビングストンーボツワナ カサネ

 

世界三大瀑布(せかいさんだいばくふ)とは、主に日本において使用される用語であり、世界で最も有名な3つの滝を意味する。一般的に南アメリカ大陸のアルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝、アフリカ大陸のジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝、北アメリカ大陸のアメリカ合衆国とカナダにまたがるナイアガラの滝の3つの滝を指す。いずれの滝も2国間にまたがっていることが特徴であり、国境の役割も果たしている。(ウィキペディアより)

 

アフリカ旅行で楽しみにしていたものの1つ、ヴィクトリアの滝に行って来ました。ヴィクトリアの滝は上述の通りザンビア側とジンバブエ側にまたがっていて、今回はザンビア側からヴィクトリアの滝を訪れました。

 

前日に宿泊していたホステルから無料のシャトルバスが出ていたのでそれに乗車しました。

 

f:id:sukesan1104:20170203135746j:image

 

乗客なしの貸切状態でした。

 

そしていよいよザンビア側ヴィクトリアの滝の入り口に到着!

 

f:id:sukesan1104:20170203140040j:image

 

ザンビア側ヴィクトリアの滝への入場料は20ドルなのですが、値段交渉したところ10ドルにしてもらいました。

 

ヴィクトリアの滝周辺には猿がたくさんいました。

 

f:id:sukesan1104:20170203140500j:image

 

食べるのに夢中な猿

 

f:id:sukesan1104:20170203140434j:image

 

 猿三兄弟

 

そして念願だったヴィクトリアの滝へ!

 

f:id:sukesan1104:20170203140559j:image

 

前日雨だっただけにかなりの迫力!

 

f:id:sukesan1104:20170203140656j:image

 

ただただ「すげー」と思って見てました。

 

f:id:sukesan1104:20170203140906j:image

 

でもかなり濡れます。スコールみたいに激しく降ります。

 

そんなこと御構いなしに迫力がすごい!

 来てよかった!

 

 

 

ヴィクトリアの滝が国境を成しているため歩いてザンビアからジンバブエへの国境を越えられます。ジンバブエのビザが30ドルとのことだったので完全入国せずに国境を簡単に渡ってきました。

 

f:id:sukesan1104:20170203141216j:image

 

ザンビアから

 

f:id:sukesan1104:20170203141312j:image

 

ジンバブエへ 

 

アフリカ7カ国目ジンバブエへ入国、そしてすぐに出国。

 

ジンバブエのビザはあまりかっこよくなかったので、それほど入国したい衝動には駆られませんでした。

 

f:id:sukesan1104:20170203141944j:image

 

ここからお金の節約をかねてヒッチハイクでボツワナに向かうことにしました。

 

f:id:sukesan1104:20170203142040p:image

 

まずはザンビアの国境の街カズングラに向かいました。

 

f:id:sukesan1104:20170203142138j:image

 

気前の良いトラック運転手に乗せていただき国境へ無事到着。

 

f:id:sukesan1104:20170203142324j:image

 

ザンビアーボツワナ間は簡易フェリーで国境を越えます。

 

f:id:sukesan1104:20170203142424j:image

 

そして遂にアフリカ8カ国目ボツワナへ入国!

 

f:id:sukesan1104:20170203142553j:image

 

ボツワナでは国境付近の街カサネに本日は宿泊することにし、再びのヒッチハイク。

 

f:id:sukesan1104:20170203142652p:image

 

距離はそれほど遠くなかったので、簡単に乗せていただきました。

 

そしてボツワナからはこいつにお世話になるのでした。

 

f:id:sukesan1104:20170203143127j:image