読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

ヴィクトリアの滝を求めて アフリカ旅行17日目@ザンビア ルサカーザンビア リビングストン

1月30日 ザンビア ルサカーザンビア リビングストン

 

ザンビアの首都ルサカに到着もここでは特にやりたいことはなかったのでザンビアでの目的地リビングストンへ向かいました。この移動で姉さんと2人で行動することになりました。

 

f:id:sukesan1104:20170202221607p:image

 

9時発のリビングストン行きのバスに乗ったのですが、アフリカ定番の乗客が満員になったら出発するシステムだったため最終的に11時に出発しました。バスは140クワチャ(1598円)でした。

 

18時半に目的地リビングストンに到着しました。

 

 

リビングストンでやりたいことは以下の通り

1、ヴィクトリアの滝へ行く

2、ホステルランキング1位のホステルへ宿泊

3、テントの購入

 

 

 

1、ヴィクトリアの滝へ行く

 

ヴィクトリアの滝については次のブログで書きます。

 

 

 

2、ホステルランキング1位のホステルへ宿泊

 

2015年ホステルワールド主催のランキングで1位に輝いたホステルがリビングストンにあります。

 

その名も「Fawlty Towers」

 一泊8ドルと価格もリーズナブル

 

レセプションから風格が違います。

 

f:id:sukesan1104:20170202222607j:image

 

一般的なホステルとの格の違いを感じます。

 

f:id:sukesan1104:20170202222817j:image

 

もちろんプールだって標準装備。

 

f:id:sukesan1104:20170202223133j:image

 

朝にはティーサービス、昼にはパンケーキサービスと気前がかなりよいホステルでした。部屋も綺麗でもう一泊したいくらいでした。唯一苦情を言えば蚊が多かったことくらい。

 

キッチン付きだったので久しぶりの自炊。牛肉が破格の安さだったのでステーキを焼きました。姉さんの料理もおいしかった!

 

f:id:sukesan1104:20170202223331j:image

 

3、テントの購入

 

ボツワナ、ナミビアではホテルの一泊の値段が上がる(元々のホテルの数が少ないため)一方で、キャンプサイト付きのバックパッカーズホステルが標準になります。そのためほとんどのバックパッカーが入国前にテントを購入します。

 

僕の場合はケニアのナイロビで購入しようとしたのですが、日曜でほとんどお店が閉まっていて購入できませんでした。しかしザンビアのリビングストンでもテントが安く購入できるとのことだったのでアウトドアショップで購入しました。

 

f:id:sukesan1104:20170202223906j:image

 

テント泊3日くらいでホテル一泊分の元は取れるのでかなり節約になります。

 

f:id:sukesan1104:20170202224022j:image

 

テントを購入するだけで、どこへでも行けそうな気がする。元値370クワチャ(4214円)から330クワチャ(3758円)に値下げしてもらいました。

 

おまけ

リビングストンにはお馴染みのこのお店もありました。

 

f:id:sukesan1104:20170202224322j:image

 

⚠︎もう閉店していました

⚠︎正規店ではありません

 

 

 

アフリカ旅行も折り返し地点になりましたが、旅行資金1000ドルから気づけば400ドルになっていました。まだ日程的にも距離的にも折り返し地点。果たして南アフリカのケープタウンまでたどり着くことが出来るのか、、、