日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

いよいよ山頂目前! アフリカ旅行7日目@タンザニア モシ

1月20日 タンザニア モシ キリマンジャロ

 

8時30分にバランコキャンプサイト(3900m)を出発し、バラフキャンプサイト(4673m)に向かいます。

 

山登り初心者の僕にとってキリマンジャロ登山では新しいことの発見だらけでした。

 

1、高山病対策の薬がある

 

f:id:sukesan1104:20170125013232j:image

 

高山病の直接的な薬ではないですが「ダイアモックス」という薬がよく飲まれます。体内の水分を体外に排出しやすくする薬で、高い山に登ると肺に水が溜まりやすくなるためこの薬を使うようです。

 

しかし「体外に排出する=トイレの回数が増える」ということになり道中や夜中に頻繁にトイレに行くことになります。

 

 2、寒いところではバッテリーの減りが早い

 

キリマンジャロ登山の際に写真を撮ったりライトで道を照らしたりとiPhoneをよく使っていたのですが、寒いところだとバッテリーの減りがとても早いのです。キリマンジャロの頂上で写真を撮ろうとしたところ充電が一気に40%も削られました。

 

バランコキャンプを出発してから2時間程でとうとうキリマンジャロの頂上付近が近づいてきました。

 

f:id:sukesan1104:20170125014204j:image

 

やはり頂上は迫力が違います。

 

f:id:sukesan1104:20170125014345j:image

 

登山中に偶然会ったオダさんと一緒に。

 

そしてバラフキャンプに到着!

 

f:id:sukesan1104:20170125015057j:image

 

バラフキャンプでは登山を終えたばかりの女性バックパッカーのエリアさんと遭遇しました。

 

エリアさんは東南アジアから現在アフリカを周る美人バックパッカーで、今後一緒に行動することが多くなります。

 

エリアさんの旅ブログ

‪『eriaと五感で感じる地球~足跡×道しるべ~』

eriaと五感で感じる地球 ~足跡×道しるべ~

 

【次回】山登り素人がとうとうキリマンジャロ頂上アタック!