読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

タンザニアへ! アフリカ旅行3日目@ケニア ナイロビータンザニア モシ

 

1月16日 ケニア ナイロビータンザニア モシ

 

前日にバスを予約していので、スムーズにバスに乗り込みタンザニアに向かいました。

 

f:id:sukesan1104:20170122052435p:image


6:00 ナイロビー12:30 モシ
モダンコースト社 1300ケニアシリング(1430円)

 

途中タンザニアの入国審査がありました。

 

ケニアの出国手続きをする建物。

 

f:id:sukesan1104:20170122052420j:image

 

一方タンザニアの入国手続きをする建物。

 

f:id:sukesan1104:20170122052455j:image

 

造りの違いが半端ないですが、簡単に手続きを終えアフリカ5カ国目タンザニアに入国。

 

トイレ休憩の時間が途中設けられたのですが、こんな感じでした。

 

 f:id:sukesan1104:20170122052521j:image

 

The アフリカン

 

f:id:sukesan1104:20170122052632j:image 

 

そして無事にモシに到着しました。モシでの本日のミッションは2つ。


1、日本人御用達宿に泊まるPart2
2、キリマンジャロのツアーを値切る

 

1、日本人御用達宿に泊まるPart2

今回の日本人御用達宿はここ。

 

f:id:sukesan1104:20170122052558j:image

 

キリマンジャロバックパッカーズ。

 

f:id:sukesan1104:20170122052919j:image

 

f:id:sukesan1104:20170122053205j:image

 

値段もリーズナブルで部屋、トイレ、シャワーが綺麗です。今回は僕を含め9人の日本人と韓国人1人のラインナップです。

 

f:id:sukesan1104:20170122052850j:image

 

世界各地を旅行している方々から色んなエピソードを聞ける場ってなかなかない上におもしろいんですよね。

 

ちなみに晩ご飯はローカルでおやきみたいなのを買いました。中に肉とか野菜が入ってて美味でした。1000タンザニアシリング(50円)でした。

 

f:id:sukesan1104:20170122053513j:image

 

 

2、キリマンジャロのツアーを値切る

多くの日本人がキリマンジャロのツアーを申し込む会社が、キリクライマーズという会社です。

 

f:id:sukesan1104:20170122053138j:image

 

そもそもどこも介さずキリマンジャロに登るには、国が管理しているためタンザニア政府に720USドルを払わないといけません。今回はレンタル道具を借りないといけないことや僕自身山登り初心者(弥彦山と筑波山にしか登ったことがない)なのでキリマンジャロ登山率の高い(バックパッカーブログ情報によると)この会社を選びました。

 

バックパッカーブログによると最低料金で1000USドルでキリマンジャロに登った人が複数いるとのこと。今回はアフリカで培った値段交渉技術を駆使して30分程交渉した結果、、、

 

最初の提示価格 1280USドル(全サービス込み)

最終提示価格 1000USドル(全サービス込み)

 

になりました。決め手は交渉途中に会社の社長が来て直接懇願できたことだと思われます。

 

【次回】山登り素人がキリマンジャロに挑戦