読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

アフリカ3カ国目 ルワンダ旅行1日目

勤務中ふと思ったのです。「そうだ、ルワンダに出かけよう」と。

 

普段通りの出勤日でしたが、年末が近づき仕事が落ち着いてきたことから早上がりになりました。ウガンダ国外に行きたいと前々から思っていて東アフリカビザも取得していたので急遽隣国ルワンダに向け12月27日に出発しました。途中経由の地はアフリカのスイスと呼ばれているウガンダ、カバレです。

 

f:id:sukesan1104:20161228193115p:image

 

19時半発ー翌日3時着
カンパラーカバレ
トリニティーバス40000シリング(1310円)


今回バス運は最悪でした。
1、隣の男性の頭(においがすごい)が揺れまくり睡眠を度々妨害される
2、後ろのおばさんが窓をよく開け閉めする
3、バスのBGMの音量が大きすぎる
4、終始魚臭い
5、乗客が荷物積みすぎてろくに動けない
6、イヤフォン持ってないからケータイから直接音楽orラジオを聴く
7、突如大合唱し始める
8、ルワンダ行きバスの人々が基本英語を話せない(ルワンダはベルギー植民地だったが最近公用語を英語にする取り組みをしている)
9、フランス語とスワヒリ語を話せない中国人はクソみたいなことを言われる
10、バスの遅延(本来1:00に到着予定が2時間遅れ)

 

カバレに到着してからホテル探しを始め、ボダで安いホテルに連れていってもらった。

 

f:id:sukesan1104:20161228193216j:image

 

当初の価格が30000シリング(986円)だったが、ホテルのネットが使えないことと4時間くらいしか滞在しないことを告げたら15000シリング(493円)に割引してもらった。

 

部屋はなかなか綺麗。

 

f:id:sukesan1104:20161228193208j:image

 

翌日知ることになるが隣の部屋にはウガンダの別会社でインターンをしてる福ちゃんが偶然宿泊していた(笑)