読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のことを、つらつらと。

1994年生まれ。福島県いわき市出身、現国立大学4年生、ハンドボール部 2015年9月〜2016年8月:ドイツの大学へ交換留学、2016年8月〜2016年10月:ドイツのNPO法人にてインターンシップ。2016年11月〜2017年1月:ウガンダのベンチャー企業にでインターンシップ。2017年1月〜アフリカ横断旅行中

どうしてウガンダに行くことになったのか

「ウガンダってどこ?首都ってどこ?言語って何話してんの?」というのが僕の最初のウガンダの印象。このインターンを見つけたのも2週間前で直感でウガンダ行きを決めました。

 

場所はここ。

f:id:sukesan1104:20161027075607p:imagef:id:sukesan1104:20161027075627p:image

ヴィクトリア湖に面した所です。

 

具体的にどんな会社でインターンで何をするのかというと、ウガンダの物流インフラを整備するスタートアップ企業で4ヶ月間インターンをしてきます。

 

どうしてウガンダでインターンをすることになったのかというと主な理由は3つ。

 

 

1つ目、アフリカに興味を持ったから


ドイツに来てから多くのアフリカの人々と知り合いました。ドイツ語クラスや前回のインターン先でも様々な国(カメルーン、ギニア、アンゴラ、ガンビアなど)の人と話しましたが、多くの人が「アフリカは最高!でも不便!」と言ってました。「それならアフリカに行ってアフリカの国のためになるようなことをすれば、アフリカを楽しめるしアフリカの発展に協力できるじゃん!」と思い立ったのが1つ目。

f:id:sukesan1104:20161027080030j:image

 

 

2つ目、この瞬間しかアフリカに来れないから


今まで僕は幸運なことに先進国でしか生活してきませんでした。しかしドイツに来て先進国や途上国の人々と話すうちに「もっと世界観を広げたい、視野を広げたい」と思うようになりました。多分社会人になってからアフリカに行こうとは思わないだろうし、若い今しかアフリカに行くタイミングはないと思ったのが2つ目。航空券も日本〜ウガンダよりドイツ〜ウガンダの方が格段に安い。(出発の2週間前の購入なのに航空券が3万くらい)

f:id:sukesan1104:20161027080155j:image

 

 

3つ目、英語でのビジネスが体験できるから


企業に就職する前にビジネスを勉強できる上に、英語でのビジネスも体験できることは一石二鳥。これを体験することで自分のスキルアップにもつながるだろうと思ったのが3つ目。しかし、ドイツではほぼ毎日ドイツ語で意思疎通を図っていた僕は現在、英語が壊滅的になってしまいました。(元から英語ペラペラではなかったですけど)今必死に英語感を戻してます。

 

 

他にも理由はあるけど、主な理由はこんな感じ。現地でお金もかかるだろうけど、今ドイツでバイトして資金集めに勤しんでいます。大学も楽しかったけど、こうして学外で行動するのも好きだし、自分的にはこっちの方が合ってる気がします。とりあえずアフリカ行きの時間の前にヨーロッパを満喫したいと思います。

 

 

tschüss!